固定金利と変動金利

変動金利、固定金利とは?

変動金利型は、市中の金利動向によって適用金利が変わります。適用金利の見直し時期は毎年4月1日と10月1日の年2回。返済額は実際には5年間は変わりません。また、5年毎に返済額の見直しが行われますが、仮に金利が大きく上がっても25%以上返済額が上がることがない仕組みになっています。5年以内の金利変化は、元金・利息分の割合で調整されることになっています。
固定金利型は、借入時の金利が完済まで変わりません。返済額も完済まで変わりませんが金利は少し高めになります。完済まで安定した返済プランを立てたい人にはオススメです。

変動金利、固定金利の特徴

変動金利、固定金利の特徴

変動金利、固定金利のメリット・デメリット

変動金利、固定金利のメリット・デメリット

住宅ローン最新ランキング
新生銀行
口コミ評価 ★★★★★
表面金利 0.60%
事務手数料 108,000円
繰り上げ返済 無料

トータルコストで選ぶなら新生銀行住宅ローン。繰上げ返済手数料が何度でも0円。保証料も0円。
まずはシュミレーションを!

住信SBIネット銀行
口コミ評価 ★★★★★(口コミ詳細)
表面金利 0.447%
事務手数料 借入額の2.16%
繰り上げ返済 無料

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンは、低い金利水準に加え、来店不要・事前審査即日回答・金利切替手数料無料等魅力的なサービスを提供
全疾病保障が無料でついてこの金利!!

じぶん銀行
口コミ評価 ★★★★☆(口コミ詳細)
表面金利 0.497%
事務手数料 借入額の2.16%
繰り上げ返済 無料〜32,400円

日本初!申し込みから契約までネット完結!じぶん銀行住宅ローンでは契約手続きをネット上で完結させ、書類の記入・捺印が不要です。必要書類もパソコンやスマホからアップロードでの提出が可能!

じぶん銀行住宅ローン

申し込む前に! 住宅ローン申し込み時の注意点

 住宅ローンは、人気の銀行の場合、審査に時間がかかり住宅購入のタイミングを逃してしまったり、通るものと思って一つの銀行だけで申し込んで、審査が通らなかったために、慌てて金利の高い銀行に駆け込んでしまうなどの相談を受けることが多くあります。

 余裕がある検討の段階で、複数の銀行に申し込んでおくのも賢い選択の方法です。