住宅ローンの申込の流れ

仮申込

各ローン会社ホームページから申込を行うローン商品を選びます。
仮申込については、来店せずにインターネットを通じて自宅から行うことができます。

入力内容を送信

申込フォームに購入予定の物件の詳細情報や資金計画などの必要事項その他本人情報等を入力し、送信します。

審査、本申込

送信後、審査結果が通知されます。審査に通ると契約申込書が郵送されるので、必要事項を記入し、
本人確認及び物件証明等の書類とともにローン会社の店舗に持参します。

確認、実地調査

契約申込書記載内容及び各種証明書の確認がされ、物件については担保価値の判断のため現地で実地調査が行われます。

融資

確認、調査に問題がなければ融資を受けることができます。
※申込方法と契約の手順はローン会社により異なる場合がありますので、ご注意下さい。
住宅ローン最新ランキング
新生銀行
口コミ評価 ★★★★★(口コミ詳細)
変動金利 0.60%
事務手数料 108,000円
繰り上げ返済 無料

トータルコストで選ぶなら新生銀行住宅ローン。繰上げ返済手数料が何度でも0円。保証料も0円。 まずはシュミレーション・資料請求を!

新生銀行住宅ローン詳細 新生銀行住宅ローン公式

住信SBIネット銀行
口コミ評価 ★★★★★(口コミ詳細)
変動金利 0.647%
事務手数料 借入額の2.16%
繰り上げ返済 無料〜32,400円

住信SBIネット銀行の住宅ローンは低い金利水準に加え、来店不要・事前審査即日回答・金利切替手数料無料。全疾病保障が無料でついてこの金利!!

住信SBIネット銀行 住信SBIネット銀行住宅ローン公式

じぶん銀行
口コミ評価 ★★★★☆(口コミ詳細)
変動金利 0.697%
事務手数料 借入額の2.16%
繰り上げ返済 無料〜32,400円

スマートフォンと連携した生活密着型のサービスが豊富。三菱東京UFJ銀行をバックボーンとするトータルサポートで安心の返済計画を。

じぶん銀行住宅ローン じぶん銀行住宅ローン公式

申し込む前に! 住宅ローン申し込み時の注意点

 住宅ローンは、人気の銀行の場合、審査に時間がかかり住宅購入のタイミングを逃してしまったり、通るものと思って一つの銀行だけで申し込んで、審査が通らなかったために、慌てて金利の高い銀行に駆け込んでしまうなどの相談を受けることが多くあります。

 余裕がある検討の段階で、複数の銀行に申し込んでおくのも賢い選択の方法です。