住宅ローンの選び方

住宅ローン借入額が大きいということもあって、他のローンに比べ返済期間が長いのも特徴のひとつです。
それだけに借入期間が長期になると金利もばかになりません。金利が安いものを選ぶというのはある面では正しいことだとは思いますが、
それ以外の部分にも目を向け、長期的視野にたって選ぶようにしましょう。
  • 融資を受ける際には各種サービスも比較検討を。
  • 住宅ローンの中には保証人不要のものや、住宅ローン会社が銀行の場合に、一定額の預金があると金利が優遇されるものなど、各種サービスが付加されているものもあります。これらのサービスまで調べた上でローンを選べば、納得のいくローン商品を見つけることができるのではないでしょうか。

  • 融資を受ける際には各種サービスも比較検討を。
  • 住宅ローンは融資額が大きいので借り換えローンに適してます。
  • 住宅ローンはその融資額が他のローンに比べて大きいため、しばしばローンを一本化するための借り換えに
    使われており、住宅ローンよっては、最初から借り換えのためのものも存在します。
    ローンのまとめ、一本化を考えている方は、借り換え専用の住宅ローンを比較検討されてみてはいかがでしょう。

    借り換え目的で住宅ローンを比較
  • 安心が最近のトレンド。

住宅ローンの注意点

住宅ローンの借入れを行う際に、最も注意が必要なのは金利の決定です。 契約当初から全期間の金利が決定しているものもありますが、
中には初期の一定期間のみ固定金利で、その後は金利動向により変動するというタイプのローン商品が数多く存在します。
これは借入れ時に将来の金利が読めないということのみならず、心理的な不安も時に増大する場合があります。

平成18年以降、日本は景気が上向きとなった影響でが金利も徐々にです上昇傾向にあり、将来に向けての金利の推移は予断を許しません
(預金がある場合、これは嬉しいことなのですが)。もちろん将来の金利に対する不安を解消すべく、再度固定金利を選択することもできます。
しかしこの場合は手数料がかかり、この手数料もばかにはなりません。

口でいうのは簡単ですが、金利タイプの選択は先を見越し、決して軽々しく考えたりしないようにしましょう。もし将来の金利が決まっていない、
変動金利型のローンや固定金利期間選択後の方は、今後の金利動向にも注意しましょう。
住宅ローン最新ランキング
新生銀行
口コミ評価 ★★★★★(口コミ詳細)
変動金利 0.60%
事務手数料 108,000円
繰り上げ返済 無料

トータルコストで選ぶなら新生銀行住宅ローン。繰上げ返済手数料が何度でも0円。保証料も0円。 まずはシュミレーション・資料請求を!

新生銀行住宅ローン詳細 新生銀行住宅ローン公式

住信SBIネット銀行
口コミ評価 ★★★★★(口コミ詳細)
変動金利 0.647%
事務手数料 借入額の2.16%
繰り上げ返済 無料〜32,400円

住信SBIネット銀行の住宅ローンは低い金利水準に加え、来店不要・事前審査即日回答・金利切替手数料無料。全疾病保障が無料でついてこの金利!!

住信SBIネット銀行 住信SBIネット銀行住宅ローン公式

じぶん銀行
口コミ評価 ★★★★☆(口コミ詳細)
変動金利 0.697%
事務手数料 借入額の2.16%
繰り上げ返済 無料〜32,400円

スマートフォンと連携した生活密着型のサービスが豊富。三菱東京UFJ銀行をバックボーンとするトータルサポートで安心の返済計画を。

じぶん銀行住宅ローン じぶん銀行住宅ローン公式

申し込む前に! 住宅ローン申し込み時の注意点

 住宅ローンは、人気の銀行の場合、審査に時間がかかり住宅購入のタイミングを逃してしまったり、通るものと思って一つの銀行だけで申し込んで、審査が通らなかったために、慌てて金利の高い銀行に駆け込んでしまうなどの相談を受けることが多くあります。

 余裕がある検討の段階で、複数の銀行に申し込んでおくのも賢い選択の方法です。